牛カルビ焼肉定食食べ比べ〜溝の口南口店編〜

牛カルビ焼肉定食食べ歩きブログ3回目の店は
神奈川県川崎市 東急田園都市線の溝の口駅南口より徒歩一分に位置する溝の口南口店だ。

この店はガラガラでもなく混みすぎているわけでもない、非常にバランスの取れた店。
やはりこういった店は待つことなく素早く空腹を満たしたいというワガママな男の欲求を叶えてくれることが魅力だと思う。

店内に入店すると左側に券売機があるわけだが、2つのうち片方にしか電子マネー決済機能に対応していない。

実は最近このタイプが多いのだ。
以前紹介した津田沼店もそうなのだがなぜか松屋では片方は電子マネー決済に対応していないことが多い。
理由は定かではないが普通に不便なので両方につけてほしい。

さていつもの様に華麗に牛カルビ焼肉定食を選択しようとする…
が、ここであることに気づく。

なんと、牛カルビ焼肉定食を含めた一部の定食商品が、期間限定でラージサイズ-100円引きではないか!!

しめた。これは牛カルビ焼肉定食の神様が私にラージサイズを頼めと仰っているに違いない。
迷わずラージサイズのボタンを押し席についた。

ちなみにラージサイズはご飯はそのままで、お肉のみ量が増えるオプションである。

出来上がりを待っている間に店内チェックをしてみた。
よしよし、ここはちゃんとカルビのタレがあるな。
ん?まてよ、よく見るとここの店、焼肉のたれがないじゃないか!

これは傑作だ!
貧民な牛焼肉定食民はタレをかけることができず食べる羽目になる。
タレがないことを牛焼肉定食民が我慢できずにカルビのタレをかけようものなら、即刻逮捕され死刑が言い渡されてしまうので、彼らはポン酢をかけることぐらいしかできないのである。
哀れなり牛焼肉定食民

そんなことを思っていたら、隣の男性と店員が何やら不穏な会話を始めた。

男性「ネギ玉定食を頼んだのに、卵がのってないんですけど…」

店員A「しっ失礼しました!(生卵カパーッ)」

男性「あっ…あの…これ生卵…ネギ玉のは半熟…」

店員B「店員Aなにやってるの!!!すみませんお客様!!!作り直してまいります!!」

こういうアクシデントも松屋に通う面白さの一つである。

そんなやり取りを見ていたら、私の注文した牛カルビ焼肉定食がやってきた。

やはりラージサイズ。量も多い。
ご飯と肉の比率を気にせず食える贅沢さは我が子の成長を見るのと同じくらい幸福である。(子供いないけど)
さらに牛焼肉定食民がタレをかけられず涙を流しながら食べているさまを想像するとさらにうまさが増す。

あっという間に平らげてその場をあとにした。

焼肉のたれがおいていないのがとても素晴らしいので

★★★★☆

★4つ。若干油の量が多すぎてしつこい味だったので、この評価。

しばらくここに居座って、牛焼肉定食を頼む哀れな貧民を眺めていたいものである。

2 Responses to “ 牛カルビ焼肉定食食べ比べ〜溝の口南口店編〜 ”

  1. 普通にタチ悪くて草

  2. 関西・四国編もぜひお願いします。

*名前・メールアドレス・ウェブサイトは必須項目ではありません。